現金・金券・無料プレゼント活用術 現金・金券・無料プレゼント活用術 運営スタッフ紹介 現金・金券・無料プレゼント活用術 サイトマップ


   現金・金券・無料プレゼント活用術 > 車検費用を一括比較・見積もりして、大幅に安くする方法

車検費用を一括比較・見積もりして、大幅に安くする方法



車検費用(車検代)と言えば、自動車保険に並ぶ、大きな維持費です。車検代を安くする工夫をしなければ、数万円ほどのお金が飛んでいきます。


しかも、基本的に2年毎に車検を受けなければ、その車を運転してはいけないという法律まであるので、車検を逃れることができない点が頭が痛いところです(苦笑)。




最近は、この車検費用や自動車保険の維持費の大きさに嫌気がさして、車を買取り査定して売却したり、もしくは、若い人ならば、最初から車を持たないという選択をする人も増えているくらいです。




…ただ、公共交通機関が発達していない場所に住んでいる人や、通勤や通学上、どうしても車が必要だという人にとっては、車を持たないという選択肢は、ありません。



持つしかないのであれば、車検費用や自動車保険料などの維持費をできるだけ安く節約したいと思うはずですが、車検費用については、意外と節約をせず、ディーラー等の「言い値」で払っている人が多いと聞きますが、




車検代は、一括見積比較を利用すれば、大きく節約できます!





<カーセンサー.netの車検費用の無料見積り比較>







僕は実際に、一括見積りを利用して、車検費用を数万円も安くしています。



これは僕の親もそうだったのですが、「ディーラーが提示してくる車検代は安くならないし、それでお願いするしかない」と思っている人が多いのも事実です。



しかし、よく考えてみれば分かることですが、車検代に「定価」なんてありません。部品代を安くすることだってできますし、そしてもちろん、「技術料」も安くできます。



第一、技術料については、要は「手作業」なわけです。手作業でやることに、大体の目安となる値段はあったとしても、「定価」は存在しません。


つまり、ディーラー等が提示してくる車検費用というのは、「ディーラー等の言い値」というわけです。ですから、当然、車検費用は安くすることができるのです。




例えば、僕の場合は、最初に、約15万円の車検費用をトヨタ系ディーラーに提示されたのですが、この費用が見積もり比較をした結果、簡単に、13.4万円になりました。




つまり、車検費用が「1万6,000円」も安くなったのです!




1.6万円といえば、かなり大きいですよね。



一般的な乗用車であれば、ガソリンを3回満タンにできるくらいの金額です。もちろん、車検代を節約したお金を自動車保険に充てることもできますし。




お手軽!近所の車検店舗検索 by カーセンサー.net 車検見積り比較




車検費用の見積比較を利用しないと、大きく損をします。




「…いや、でも、ネッツトヨタや日産ブルーステージとか、やっぱり、自動車メーカー系列に車検・整備をしてもらわないと、不安じゃない?」



…という方もいるかと思いますが、自動車整備会社や車検サービス会社にとって、きちんと車の整備・点検をすることは、その会社の存続に関わってくる問題であり、これを疎かにすれば、場合によっては、訴えられるケースもあります。



ですので、きちんと整備・点検をすることは当然であり、この点については、大丈夫です。




また、カーセンサーnetの車検見積り比較では、【整備保証】【定期点検整備】【輸入車可】など、様々な提供サービスの種類で絞込みを行なって、車検の見積比較ができるようになっていますので、この点からも安心です。




カーセンサー,netの車検費用見積り比較では、整備保証など、様々な条件検索が可能!




また、最終的にはディーラーに車検を頼むにしても、見積比較をして、他社の見積を持っているか、持っていないかによって、ディーラーの車検代に大きな差が出ると思います。




実際に、僕の場合も、最終的にはディーラーにやってもらったのですが、そのディーラーは、最初の見積の段階で、15万円と車検代を提示してきたディーラーでした。



僕は、このディーラーから見積りをもらった後に、車検の一括見積比較を利用して、他社からも、全く同じ内容での車検費用を出してもらったのです。



そして、その他社の車検見積を持って、また再び、最初に15万円という車検代を提示したディーラーに行ったのです。その結果、あっけなく、1.6万円引きになりました(苦笑)。




ちなみに、今回の車検代の交渉の流れは下記の通りです。





1.最初のディーラーの提示価格:149,544円
2.提示価格を見て、即座に値引きを要求:145,000円
3.さらに値下げ交渉。「これ以上は値引きできない」と言われる。


4.車検見積り比較を利用。ディーラーが値引きした金額よりも、1万円以上も安い価格を他社が提示。


5.最初のディーラーに上記の見積書を持参して、交渉。あっけなく、134,000円に値下げ。最初に行った時には、「これ以上は値引きできない」と、同じ口で言っていたのに…(苦笑)。


6.結局、いつもお世話になっているこのディーラーに決定。





いかがでしょうか?




何も交渉せず、車検の一括見積りを利用しなければ、16,000円も高い料金を支払っていたところです。





車検をキッカケに、自動車の整備を別のところに切り替える人は多いでしょうから、車検をその会社でやってもらうことは、とても大切だと思います。



ですから、値引きしてでも、車検をして欲しいと思うディーラー等は多いはずです。



僕の場合も、まさにそういった事情があるから、他社の具体的な値段を提示した途端、あっけなく(笑)、値引きをしてくれたのだと思います。





ちなみに僕は、下記のようなメールを出して、より正確な車検見積りができるようにしました。



**************************************************

○○自動車整備(株) ●●様へ


先日、車検一括見積りを
利用させていただきました、兄さんと申します。


できるだけ正確な見積書が欲しいので、
下記のディーラーでの見積りを参考に、
同じ内容での見積りを出して頂けるよう、よろしくお願い致します。




登録:平成○年10月30日
車検:平成18年10月29日
車名:アリスト
型式:○○
エンジン:○○
走行:○○キロ



■【車検合計金額:138,000円】(値引き:4,544円)

整備代金・手数料:53,134円
  内訳 整備代金:48,934円
     検査手続き代行料金等:4,200円

法定費用:82,180円
  内訳 重量税:50,400円
     自賠責保険料:30,680円
     印紙代等:1,100円

リサイクル料:14,230円
  内訳は下記を参考



■車検整備(内訳)
 ・定期点検及び継続検査
   24ヶ月定期点検:15,500円
   日常点検:2,100円
   継続検査W:8,700円
    エンジン回り点検
    ハンドル回り点検
    ブレーキ点検
    電気回り点検
    下回り点検
    タイヤ空気圧 調整
  【合計:27,300円】



■部品交換(内訳)
 ・ブレーキフルード交換×1個:630
  技術料:3,150円
  合計:3,780円

 ・ワイパーゴム交換(撥水)×2個:892円+840円
  (品名:DJグラファイトワイパーラバー)
  技術料:945円
  値引き:−945円
  合計:1,732円

 ・エンジン冷却水交換(標準) 2501cc〜 冷却液 取替×2.0:1,574円
  技術料:1,890円
  値引き:−97円
  合計:3,367円

 ・ファン OR オイタネータ用 Vベルト取替×1個:6,930円
  技術料:1,155円
  合計:8,085円

 ・クリーンエアフィルタ取替×1:4,725円
  技術料:945円
  合計:5,670円

 【整備代金合計:48,934円】
 (部品:15,591円+技術料:34,385円−値引:1,042円)



■リサイクル料金(内訳)
 ・シュレッダーダスト料金:8,920円
 ・エアバッグ類料金:2,550円
 ・フロン類:2,050円
 ・情報管理料金:230円
 ・資金管理料金:480円
 
 【合計:14,230円】



以上でございます。作成して頂いた見積りは、
メールかFAXにて送付して頂けると光栄です。

MAIL:○○
FAX:○○


それでは、お手数をおかけして
申し訳ございませんが、
よろしくお願い致します。

****************************************************
 兄さん
 Eメール:○○
****************************************************




僕が16,000円も車検代が安くなったのと同様に、アナタの車検代も、カーセンサーnetの車検見積り比較を利用することで、1万円以上も安くすることが十分に可能だと思いますので、ぜひ、車検の2ヶ月ほど前から、ご活用してもらえたらと思います。





それでは、車検の見積比較の方法は簡単で、次のような手順で進めていきます。




近隣の車検整備会社を探すため、住所等を入力します。




まずは、住んでいる住所と、車検に出したい車のメーカ名、車種名を選択し、【車検店舗を検索→】をクリックします。


もし、車の情報がよく分からない場合には、自動車保険の見積比較の時と同じで、Goo-netカタログが便利です。




車検見積りの結果が出ますので、十分に検討して下さい。




すると、上記のような検索結果が出てきます。




車検見積りの結果、気になる自動車整備工場が見つかれば、【お問合せ】をクリックします。




この中から気に入った自動車整備会社を選択して、右側にある【お問合せ】をクリックします。気になるところが出なかった場合には、対象となるエリアや、検索結果を変更したりして、最検索ボタンを押してみて下さい。




もし、車情報(必須)が分からなければ、Goo-netカタログを利用すると良いでしょう。




車情報が必須になっておりますが、先ほども言ったように、もし、車の情報がよく分からない場合には、自動車保険の見積比較の時と同じで、Goo-netカタログが便利です。




任意記入の部分には、アナタが希望することや、連絡の都合について記入すると良いでしょう。




車情報を記入する欄の下には、【その他(任意)】という入力箇所がありますが、ここの部分については、必要な部分があれば記入して下さい。そして、【確認画面へ】をクリックします。



僕の場合には、話が速い方が良いので、上記のように、連絡する時間を指定し、既に、他社で見積をとっていることをハッキリと書きますが(笑)




記入した内容に間違いがなければ、送信ボタンを押します。後日、メール等で見積もり結果等の連絡があるはずです。




続いて、先ほどまでに入力した内容の確認画面が出てきますので、内容に間違いがなければ、【同意の上、送信する】をクリックして下さい。これで、見積比較の手続きは完了です。



この後については、見積金額に納得が行かなければ、また後日、他社に見積もりの依頼をしてみたり、もしくは、その見積結果を持って、ディーラーや近所の自動車整備工場に、車検の見積をして頂くなど、車検費用が安くなるように十分に活用して下さい



僕の場合は、一般的な乗用車のガソリン満タン:3回分くらいの金額が節約できましたが、見積りを持参して上手く交渉すれば、もっと、ガソリンを満タンにできるかもしれません(笑)。





カーセンサー.netの車検費用の無料見積り比較はコチラから。




高く売れるのであれば、車を手放したいという方や、乗り換えたい方は、
  車の査定・買取比較で、現金:3,000円分プレゼント!もお勧め。





車の維持費(自動車保険・ガソリン代・無料ロードサービス)節約の参考ページ

【必ず2,000円】自動車保険の無料見積りでプレゼント!
自動車保険 保険料の仕組み
自動車保険の大幅値上げが決定。「60%値上げ」されるケースも!
自賠責保険・自動車保険・生命保険の値上げへの対応策

車検の一括見積もりで、車検代を節約!
車検代 節約の途中経過「1万円以上安い!」
車検費用を一括比較・見積もりして、大幅に安くする方法

JAFロードサービス以上のサービスを無料で利用する方法
ガソリン代が節約できるクレジットカード
ガソリン代キャッシュバック(還元)で節約
2012年度 自動車税をクレジットカードで払える地域一覧




現金プレゼント活用入門


必ず貰える!現金・金券


無料・節約・お得情報


車の購入・維持費節約


旅行・交通費を節約


携帯電話・通信費を節約


無料ソフト&無料サービス


終了した情報


お勧めサイト一覧


当サイトについて


現金プレゼントキャンペーン特集!

Copyright(C) 2016 現金・金券・無料プレゼントキャンペーン活用術 All rights reserved