現金・金券・無料プレゼント活用術 現金・金券・無料プレゼント活用術 運営スタッフ紹介 現金・金券・無料プレゼント活用術 サイトマップ


   現金・金券・無料プレゼント活用術> 東京ディズニーランドのパスポート(チケット)2枚を無料プレゼント

東京ディズニーランドのパスポート2枚を無料プレゼント


東京ディズニーランド(ディズニーリゾート)と言えば、知らない人はほとんどいないと思います。1度でも行ったことがある人に話を聞くと、必ず、「また行きたい!」と言います。



ただ、1日パスポートが1人:5,800円と高いところが難点ですよね。




東京ディズニーランド(ディズニーリゾート)のパークチケット




1人で行く人はなかなかいないと思うので、例えば、2人でディズニーランドに行くとすると、2人分のパスポートだけで、合計:11,600円もかかってしまいます。




しかし、ココだけの話なんですが、



東京ディズニーランドのパスポート
「2枚」を無料で手に入れる方法



があります。




それは、東京ディズニーランドのオフィシャルスポンサーになっているクレジットカード会社のカード入会キャンペーンや、食品会社のキャンペーンを利用することです。




東京ディズニーランドの主なオフィシャルスポンサー一覧

・ NTTコミュニケーション
・ NTTドコモ
・ キッコーマン
・ KIRIN(キリンホールディングス)

・ ENEOS(エネオス)
・ 第一生命保険
・ タカラトミー
・ ニチレイフーズ


JAL(日本航空インターナショナル)
JCB(ジェーシービー)
・ 日本コカ・コーラ
・ 日本通運

・ 日本ユニシス
・ ハウス食品
・ パナソニック
・ 富士フィルム

・ ブリヂストン
・ プリマハム
・ みずほ証券
・ 三井不動産

・ 三井ホーム
・ meiji(明治乳業)
・ ヤマザキ(山ア製パン)
・ UCC(上島珈琲)

・ 講談社
・ ユーハイム



キャンペーンというと、当選者数が少なく、なかなか当たらないイメージがありますが、東京ディズニーランドのオフィシャルスポンサーは、上に挙げたとおり超大手企業ばかりですから、そもそもキャンペーンの規模が違います(笑)。


また、クレジットカードについては年会費が気になる方も多いと思いますが、もし年会費がかかる場合は、カードを作った初年度は年会費無料となっていることが多く、また、年会費が発生する1年後つまでに解約してしまえば、年会費は発生しません




クレジットカードのプレゼントキャンペーン(例)

キャンペーン期間中に対象のクレジットカードを発行し、ショッピングにて一定金額以上をカード払いにする(たいていは、30万円〜40万円程度)。


すると、キャンペーン終了後に、必ず、東京ディズニーランドのパスポート「2枚」がプレゼントされます。



例えば、「期日までに30万円以上を利用する」という条件になっている場合、ハードルが高いと思う方がいるかもしれません。


ただ、こういったキャンペーンの実施期間は、約4ヶ月間などと長めに設けてありますので、普段利用している電話代やガス代、水道料金などををクレジットカードで支払ったり、ショッピングや交際費をカード払いにすれば、決して難しい条件ではありません。




・ 携帯電話代
NTT固定電話の料金
プロバイダー代
電気料金

水道料金
ガス料金
自動車保険
自動車税

・ 生命・医療保険
国民年金
・ 高速道路でのETCカード使用
・ 車検代・オイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等

・ 外食等の交際費
・ 食費
・ 服や靴などの衣料品代
・ 生活用品(石鹸や洗剤等)




こうやってクレジットカード払いできそうな項目を上げただけでも、約4ヶ月で条件を満たせそうですよね(苦笑)。


特に、車を持っている人は、自動車保険の支払いや車検代が高額なので、簡単に条件をクリアできそうな気がします。また、医療・生命保険に加入している人にしても、同じです。



それに、上に並べた項目を見ると、「どうしても、払うしかないものが多く含まれている」ことに気付くはずです(;^_^A。


ですから、どうせなら、クレジットカード払いにして、東京ディズニーランドのパスポート「2枚」を貰った方がお得ですよね。





実質的には、12,400円のキャッシュバックを受ける



ことと同じだと考えれば、どう考えても、キャンペーンを利用した方がいいことは、誰が考えても分かることだと思います(笑)。




その他には、ハウス食品やコカコーラといった他のオフィシャルスポンサー企業でも、不定期&抽選ですが、ディズニーパスポート(チケット)が貰えるキャンペーンを実施しています。


ただ、先ほども紹介したとおり、東京ディズニーランドのオフィシャルスポンサーは、大手企業ばかりですから、当選者数も規模が違います(笑)。




ハウス食品「プレミアムナイトご招待キャンペーン」




例えば、上のキャンペーンはハウス食品で2ヶ月間行われていたものですが、当選者数は、3500組7000名様と大量です。

月間にすると、1750組3500名様が東京ディズニーパスポート(チケット)を貰っていたことになりますので、懸賞規模としては、当選確率が高い、大量当選の部類に入ります。




東京ディズニーシー貸切HappyPartyペア招待




上のキャンペーンは、コカコーラのプレゼント情報ですが、当選者数は先ほどのハウス食品よりもさらに多く、4000組10000名様となっています。また、4人分が貰える枠もありますので、かなり太っ腹です(笑)。




NTTドコモの東京ディズニーランド パークチケットプレゼントキャンペーン




こちらは、NTTドコモで行われていたキャンペーンですが、東京ディズニーランドのパークチケットだけでなく、ショー優先鑑賞席もセットになっていました。



東京ディズニーランドに行ったことがある人ならお分かりだと思いますが、ショーはアトラクションと共に人気ですので、運良く空いていた日でもない限り、鑑賞席を確保するために、ほかのアトラクションを犠牲にしたりして(苦笑)、何時間も前から並ぶこともあります(;^_^A。




なお、各スポンサー企業で行われているキャンペーンの応募条件については、食品メーカーならその会社の食品を買って応募するだけだったり、クレジットカード会社なら対象カードを利用することなど、大して難しい条件ではありませんので、簡単に参加できます。


しかも、応募条件を満たすだけで、必ずディズニーパスポート(チケット)が貰えることもあります。




ちなみに、クリスマスやお正月、ボーナスシーズンなどに大きな買い物をする予定があるご家庭については、夫婦でそれぞれクレジットカードに申込をして、個々のカードでショッピングをするようにしたり、キャンペーンに応募したりすれば、合計4枚の東京ディズニーランドのパスポートが手に入る事になります。




東京ディズニーランドのオフィシャルスポンサーは、普段からよく利用するような会社も多いため、日常生活で使えそうなものはキャンペーンを上手く利用しつつ、




東京ディズニーランドのパスポート「2枚」を
完全無料で手に入れましょう!




なお、【総額31万7,450円】現金、金券プレゼントキャンペーンを利用すれば、キャンペーンを通じて現金が貰えますので、そのお金でディズニーパスポート(チケット)を入手することで、実質無料で手に入れる方法もあります(笑)。


こちらのキャンペーンを利用すれば、東京ディズニーランドのパスポート(2枚)だけでなく、ホテル宿泊代や交通費、パーク内での飲食代やお土産代まで獲得できちゃいますから、こちらもぜひお勧めです(*^^*)。




現金・商品券(金券)・無料プレゼントキャンペーン活用術
【現金31万7,450円】現金プレゼントキャンペーン


【総額:31万7,450円】かんたん!現金プレゼントキャンペーン
【現金:1,000円】カブドットコム証券の無料口座開設だけ!
【現金:3,000円】マネックス証券の家族・お友達紹介で現金プレゼント


【現金:2,600円】SBI証券の口座開設+2万円入金するだけ!
【現金:4,100円】楽天証券、口座開設+5万円入金だけで!
【現金:5,000円】キャンペーン攻略法で簡単♪「DMM.com証券FX


【金券:2,500円】自動車保険の見積り比較で、マック&図書カード!
【金券:500円】車の査定・買取価格の比較で、クオカードプレゼント

【金券:9,000円】生命保険の無料相談・見直しで、全員にプレゼント
【元本保証・高金利】年金を増やせるマネックス債SBI債





現金プレゼント活用入門


必ず貰える!現金・金券


無料・節約・お得情報


車の購入・維持費節約


旅行・交通費を節約


携帯電話・通信費を節約


無料ソフト&無料サービス


終了した情報


お勧めサイト一覧


当サイトについて


現金プレゼントキャンペーン特集!

 Copyright(C) 2017 現金・金券・無料プレゼントキャンペーン活用術 All rights reserved