現金・金券・無料プレゼント活用術 現金・金券・無料プレゼント活用術 運営スタッフ紹介 現金・金券・無料プレゼント活用術 サイトマップ


   現金・金券・無料プレゼント活用術> Microsoft Officeを無料で使う?OpenOffice.org

Microsoft Officeを無料で使う?OpenOffice.org


パソコンを使ったことがあるなら、誰しも利用したことがある「Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)」ですが、値段を見たことがある方はご存知のとおり、かなりの高額商品となっています。




Microsoft Office Personal 2013  [パッケージ]
マイクロソフト (2013-02-07)
売り上げランキング: 54




確かに、学校や会社において、オフィスソフトが利用できないと話にならないことは事実ですが、



Word(ワード)
Excel(エクセル)
Outlook(アウトルック)
PowerPoint(パワーポイント)
Access(アクセス)
Publisher(パブリッシャー)



は、1つ1つがかなり高い値段になっている上に、これらのソフトがセットになったMicrosoft Officeにもなると、とてもとても、気軽に購入できるような代物ではなくなります(;^_^A。




しかし、オフィスソフトの「OpenOffice.org(オープンオフィス・オルグ)」をインストールすれば、



なんと!「タダ(無料)」でオフィスソフトが利用できます!




オープンオフィスは、ワープロや表計算・プレゼン・データベース・ドローなどを統合した無料オフィスソフトで、パソコンにダウンロードした後にインストールするだけで、誰でも自由に、タダで利用できる素晴らしいソフトです。



また、Microsoft Officeと高い相互運用性を備えているので、Microsoft Officeで作成された文書や資料を開いて修正したり、また、オープンオフィスで作成した文書や資料を、Microsoft Officeで表示・修正できる形(.docや.xlsなど)で保存することもできます。





ソフト対応表 OpenOffice.org Microsoft Office
ワープロソフト Writer
(ライター)
Word
表計算ソフト Calc
(カルク)
Excel
プレゼンテーションソフト Impress
(インプレス)
PowerPoint
データベースソフト Base
(ベイス)
Access
図形描画ツール Draw
(ドロー)
Publisher
数式作成ツール Math
(マス)
メールソフト Outlook




Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)のプログラムメニュー

OpenOffice(オープンオフィス)のプログラムメニュー




上に掲載した、OpenOffice(オープンオフィス)とMicrosoft Officeの比較表、プログラムメニューの比較画像を見ていただければ分かるように、オープンオフィスは、マイクロソフト オフィスで利用できるソフトのほぼ全てが利用できます


オープンオフィスがあれば、マイクロソフト オフィスがないからといって、学校や会社で困ることは特にないでしょう。実際、僕も仕事でオープンオフィスを利用していますが、これさえあれば、仕事で困ったことはありません。




なお、「使い方について、不安がある」という方がいるかもしれませんが、OpenOffice.org推進サイトにて、オープンオフィスのマニュアルが無料ダウンロードできるようになっているので、これをパソコンに保存したり、プリンターで印刷して参考にすれば、使い方についても困りません。


また、ダウンロードのページでは、オープンオフィスですぐに利用できる各種テンプレート(ひな形)が無料配布されており、これを利用すれば、簡単に見栄えの良い資料を作ることができます。




オープンオフィスを利用すれば、もう高価なマイクロソフト オフィスを購入する必要がなくなるということで、かなりの節約(コスト削減)になります。それで実際に、マイクロソフトオフィス→オープンオフィスに乗り換えた企業もあるようです。



社内のPC700台からMS Officeを削除したアシスト
 「OpenOffice.org移行の障害はこう解決」1




上の企業では、マイクロソフトオフィス→オープンオフィスに乗換えることで、3年間で1700万円ものコスト削減につながるとのことですから、やはり、コスト削減の効果は抜群ですよね。




なお、オープンオフィスを利用すれば、マイクロソフト オフィスで作成した文書や資料を「必ず、完璧に表示できるわけではなく、まれに、文字化け等をすることもあります」ので、念のため、Microsoft Office Onlineの【ダウンロード】から、「Viewer(ビューワ)」をダウンロード&インストールしておく事をお勧めします。


そうすれば、もし、オープンオフィスで文書や資料が上手く開けない場合でも、Viewerを利用して開けば大丈夫です。

Word Viewer 2003
Excel Viewer 2003
PowerPoint Viewer 2003
Visio Viewer 2003




OpenOffice.orgは、コチラからダウンロードできます。
OpenOffice.orgのマニュアルは、コチラからダウンロードできます。




参考 : Microsoft office(マイクロソフト オフィス) 2010 ベータ版を無料ダウンロード



あとで読む



現金プレゼント活用入門


必ず貰える!現金・金券


無料・節約・お得情報


車の購入・維持費節約


旅行・交通費を節約


携帯電話・通信費を節約


無料ソフト&無料サービス


終了した情報


お勧めサイト一覧


当サイトについて


現金プレゼントキャンペーン特集!

 Copyright(C) 2014 現金・金券・無料プレゼントキャンペーン活用術 All rights reserved