現金・金券・無料プレゼント活用術 現金・金券・無料プレゼント活用術 運営スタッフ紹介 現金・金券・無料プレゼント活用術 サイトマップ


   現金・金券・無料プレゼント活用術 > プロバイダー料金・固定&携帯電話代を劇的に節約!

プロバイダー料金・固定&携帯電話料金を節約!


プロバイダー料金、携帯電話料金、固定電話料金…これら通信費は、バブルが崩壊して様々な物やサービスへの家計支出が減る中、一貫して、年々、増え続けているというデータがあります。



NTT固定電話料金 : 2,000円
・ 携帯電話料金 : 3,000円〜9,000円
・ プロバイダー料金 : 3,000円〜6,000円




確かに、20年前くらいには、通信費といえば、固定電話料金の月額2,000円程度くらいしかありませんでしたが、現在では、上に書いた3つを並べれば、総額で10,000円をゆうに超えているという家庭は、かなり多いのではないかと思います。



毎月1万円と言えば、年間で12万円になります。そして、これが10年続くと120万円にもなりますから、見過ごしてもいい固定費ではないことが分かって頂けると思います。





NTT固定電話料金を劇的に節約する方法


通信費の中のNTT固定電話料金については、節約をすることが難しいという人は多いでしょう。ただし、全く方法がないという訳ではなく、NTTの明細を郵送してもらうことを止めて、Myビリングサービスを利用すれば、月額110円節約することはできます。













これに加えて、NTTの固定電話料金を還元率の高いクレジットカードで支払いをするようにすれば、ポイントが貯まるなどして、さらに料金を節約することができます。


また基本料金以外の通話料が高いという場合には、プラチナ・ライン&世界割を利用すれば、通話料は大幅に安くなること間違いなしです。これで、NTT固定電話料金の節約が完了しました。





携帯電話料金を劇的に節約する方法


そして次は、携帯電話料金の節約ですが、ソフトバンク携帯のメール(パケット)代を節約する方法以外には、どの携帯キャリアにも適用できる節約方法というものは、残念ながら、そうありません(苦笑)。


特に、i PhoenやAndroid携帯などのスマートフォンを利用している人は、最初からデータ定額料金にて利用している人が多いでしょうし、上に書いたソフトバンク携帯のパケット代を節約する方法は利用できません。



ただ、通話料については、家族や恋人、特定の友達など、通話する先が決まっている場合には、家族間は通話料無料という仕組みを利用して、大幅に節約することができます。




例えば、ソフトバンクであれば、自分名義の携帯電話を複数台持って、それをよく通話する相手に渡し、自分との通話専用で利用してもらうという方法です。この方法を利用すると、その相手との通話料が月額980円で、24時間無料になります。




ホワイト家族24なら24時間通話料&SMS送信が無料




メールができない点が難点ではありますが、ちょっとした用事であれば、70文字まで無料で遅れるSMS(ショートメッセージ)で事足りますし、それでは伝えきれない事であれば、通話料無料で電話をすれば良いだけですからね。




この方法だと、1台につき基本料金:980円で通話、SMSをやり放題になりますから、それぞれが違うキャリアの携帯を持って通話するよりも、通話料金を劇的に節約することができます。




ソフトバンク携帯でメールをするには、Sベーシックパック:315円の契約が必要




メールもし放題にしたい方は、プラス、Sベーシックパック:月額315円を払うようにすれば、電話もメールも、画像もやり放題になります。


ただし、同時にWebもできてしまうので、電話を渡す相手に、Web通信(インターネット)をしないようにと忠告をしておく必要があります(苦笑)。




この方法は、ソフトバンク以外のNTTドコモやAUの家族割りを利用してもできますので、参考にして頂けたらと思います。




自己名義や家族名義の携帯同士であれば、どれだけ通話しても100%引いてもらえます。




ちなみに、携帯電話会社も、こういう使い方をしている利用者がいることは知っていますが、1台ごとの基本料金が確実に収益として入ってくることや、これをキッカケに、携帯電話キャリアを乗り換えてくれる人もいるとのことで、今は、黙認をしているようです。


それに、携帯電話会社からしてみれば、ちゃんと代金を払ってくれるのであれば、それが誰であっても構わないでしょうからね(;^_^A。




…ちなみに、ちょっと前であれば、携帯電話を月額8円で持てる「スパボ一括9800円 ソフトバンク携帯」という裏技が使えたのですが、残念ながら、今は基本料金:980円だけは、絶対に払わないといけないため、利用できなくなっています。




毎月の料金がたったの8円に!(笑)




この利用できなくなった方法と、ソフトバンクのホワイト家族24の無料通話を利用すると、月額8円という驚異的な携帯電話料金になります(笑)。上に掲載しているのは、僕の母の携帯電話の請求明細です。





プロバイダー料金を劇的に節約する方法


プロバイダー料金を節約するには、プロバイダー会社が行なっているキャッシュバックキャンペーンを利用します。例えば、@nifty




@niftyから送付されたキャッシュバックの詳細のメール

※以前は、キャッシュバック金額が高く、21,000円となっていました。




そして、狙い目はADSLです。


なぜADSLをお勧めするのかと言うと、まず第一にプロバイダー乗換のしやすさが挙げられます。


光ファイバー接続サービスは、どこのプロバイダーも約2年間という最低契約期間を設けていて、この期間よりも前に解約(乗換)をしようとすると、2万円ほどの違約金が発生する場合がほとんどとなっています。



また、光ファイバーの場合、光ファイバー回線を引き込む工事が必要となってきますので、申込んでから約2ヶ月ほど、開通までに時間がかかることもあります。



これでは、プロバイダーを乗り換えようとした時に、解約→再度開通までの間、インターネットが利用できない「空白期間」ができてしまいますから、プロバイダー料金を節約するための選択肢としては向いていません。




そして第二の理由として、実際に光ファイバー回線を利用してみた経験から言うと、光ファイバーの通信速度が必要だと実感できるコンテンツ(動画やサービス)が普及段階に入っていないので、この高速回線のメリットをほとんど実感できないからです。



ですので、費用対効果を考えた場合にも、「身の丈ブロードバンド ADSL」がお勧めです。そして、ADSL 50Mも12Mも、体感速度は変わらない?でも書いたように、ADSLの中でも体感速度はほとんど変わらないので、12M ADSLくらいがちょうど良いと思います。




ただし、これはホームページの閲覧や動画の閲覧、ダウンロードでの利用がほとんどの場合であって、アップロードを頻繁にやる方の場合には、上りの通信速度を重視して、高速回線を選んだ方が良いと思います。

(例:オンラインストレージへの頻繁な保存など)




それでは実際に、@niftyの現金1万円キャッシュバックを利用した場合に、どれくらいプロバイダー料金が節約できるのか、計算をしてみたいと思います。




@niftyの現金プレゼントキャンペーン




@niftyで行われているキャンペーンでは、どの通信速度のプランを利用しても、キャッシュバックの金額は一律10,000円となっていますので、この中で一番料金が安いADSL12Mを選びます。




キャッシュバック特典は、開通月を含む8カ月目に、ご登録いただいたお受取口座へ現金振込いたします。 | @nifty




そして、キャッシュバックがされる日は、



キャッシュバック特典は、開通月を含む8カ月目に、ご登録いただいたお受取口座へ現金振込いたします。お受取方法や特典の詳細については、開通月を含む7カ月目にメールにてご連絡いたしますので、必ずご確認ください」



と書いてありますので、最低8ヶ月間、@niftyのADSL 12Mを利用し続ければ、キャッシュバックの1万円が入金されることになります。



それでは、Yahoo!BB 12 ADSLを継続して利用し続けた場合と、@niftyに乗り換えて、キャンペーンを利用した場合との計算をしてみましょう。




1年目 Yahoo!BBを継続した場合 @nify ADSL 12M
1ヶ月目 3,794円 0円(キャンペーン無料期間)
2ヶ月目 3,794円 0円(キャンペーン無料期間)
3ヶ月目 3,794円 1,974円
4ヶ月目 3,794円 1,974円
5ヶ月目 3,794円 1,974円
6ヶ月目 3,794円 1,974円
7ヶ月目 3,794円 1,974円
8ヶ月目 3,794円 1,974円
合計 30,352円 11,844円
−キャッシュバック:10,000円
=1,844円



30,352円−1,844円=節約金額:31,194円




同じ品質のインターネット接続サービスを利用しながら、一方では1,844円しか代金を支払わなくてもよくて、もう一方は、28,508円も多い代金を払っているのですから、高い代金を払い続けている人からすれば、やってられませんよね(苦笑)。



今までに払ったお金を返せ!



と言いたくなるような金額差だと思います(笑)。




プロバイダーの見直しをせずに、ずっと同じプロバイダーを利用している方や、現在のADSLの料金や光ファイバーの料金が高いと感じている方は、できるだけ早めに、プロバイダーの乗換えをすることをお勧めします。





以上、NTT固定電話代、携帯電話料金、プロバイダー料金を大きく節約する方法について説明してきましたが、冒頭でも書きましたように、毎月、固定費として1万円以上の通信費を払っている方は多いと思いますので、ぜひ、紹介した方法を使ってコストカットをしてみて下さい(*^^*)。




NTT Myビリングサービスへ無料登録は、コチラからできます。
プラチナ・ライン&世界割で(携帯)電話料金を節約!
@niftyのADSL、光ファイバー、高速モバイルの解説ページ&申込







現金プレゼント活用入門


必ず貰える!現金・金券


無料・節約・お得情報


車の購入・維持費節約


旅行・交通費を節約


携帯電話・通信費を節約


無料ソフト&無料サービス


終了した情報


お勧めサイト一覧


当サイトについて


現金プレゼントキャンペーン特集!

Copyright(C) 2016 現金・金券・無料プレゼントキャンペーン活用術 All rights reserved